So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

好きなピアノ曲紹介[0.そもそもピアノの魅力って何だろう?] [音楽紹介]

 皆さんは音楽の楽器編成は何が好きですか。

 オーケストラ!という人もいるかもしれませんし、いやいやバンド(ベース、ギター、ドラム他)だよとか、はたまたシンセやリズムマシンを駆使したEDMサウンドさ、とか、色々好みがあると思います。

 自分は、少なくとも今現在は、ピアノ・ソロが一番好きです。
 一番好きな編成故に、作曲をやっている身として一番多く作品を作ってきた編成もピアノ・ソロです。

 そんなピアノ・ソロの世界の中で、自分が特に好きな作品・影響を受けた作品を、不定期連載で上げていこうと思っています。


 今回はその前に、なぜこの編成が好きなのか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

食後の眠気対策から始まる健康対策?[8.目的と今後] [健康・生活・食事]

←前回

 背筋を立てる座り方の実践をきっかけに、筋肉を鍛えてみたい。そういう意思が芽生えたという話を前回しました。

 自分、スポーツが苦手でずっとインドアな生活をしてきて、小中高一貫して、それで良いと思っていました。でも、大学生の辺りから、そのツケというか、体力の不足を本格的に感じ始めていたんですね。
 幼稚園の時、小学校の時。あれだけ有り余っていた元気はどこに行ったんだと。当時の自分が羨ましくて仕方がないですよ。
 それは子供が専有できる財産なのかも知れないけれど、今その元気が持続できなくなった結果、基本的には仕事が終われば疲れて他の事ができない状態で、好きなことにモチベーションを投入する余裕も無くなって来ている。
 
 いやそれはある意味、現代のの一般的な社会人の姿なのかも知れない。まあプライベートが犠牲になっていても、仕事に精を出せているのは社会的には美徳かも知れない。
 だけど何でも良い。人生もっともっと元気に生きたい。子供の頃のあの無尽蔵な元気を取り戻したい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食後の眠気対策から始まる健康対策?[7.今は戦いの真っ最中です] [健康・生活・食事]

←前回

 たぶん自分は、昔は立つ時も猫背だった時期があったと思います。
 でもそれは、少なくとも数年前には、だいぶ矯正できたように感じます。
 なにしろ前職が立ち仕事でしたからね。
 当時のようにはいかないにしろ、3~4時間立ち続けて平気な自信はそこそこあります。

 ところが座り仕事は、これよりはるかに難関だった。
 「立ってるときのようにすれば良い」が通じない。
 もっと工夫が必要だった。
 そのためにやっと「お尻を引く座り方」で、そのコツを得たわけだけど、その結果今どうなってるか。

 毎日、猛烈に背中が筋肉痛になっています。
 決して楽ばかりの状態というわけではないんです。
 かと言って前回まで話した理由により、元の姿勢に引き返すこともまた厳しい。
 いずれにしても、現状、立っている状態よりも座っている状態の方が辛い。
 やむを得ないことです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食後の眠気対策から始まる健康対策?[6.背筋は「伸ばす」ものなのか] [健康・生活・食事]

←前回

 前回「背筋を伸ばすことについて話をしましょう」からの、今回の↑タイトル。
 ちょっと矛盾しているように感じられるかもしれませんね。
 始めます。

 ところで皆さんは、背筋を伸ばす座り方について、どのようなイメージを持っていらっしゃいますか?



 こういう直角で垂直で真っ直ぐ伸びたなイメージを持ってらっしゃる方が多いと思います。
 自分もそういうイメージで捉えていました。

 違うんです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食後の眠気対策から始まる健康対策?[5.今の自分の身の問題と30年来の習慣] [健康・生活・食事]

←前回

 一旦、食後の眠気や筋トレから離れた話をします。
 全く関係ないように見えるかも知れませんが、最終的にはしっかり関連してきます。
 前回の終盤に触れた、最近自分の体に生じていたとある問題。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食後の眠気対策から始まる健康対策?[4.オフィスで筋トレ2] [健康・生活・食事]

←前回

 少し間が空いてしまいましたが、連載自体は止まっておりません。続けます。

 オフィスワークで(座りながら、という説明が前回抜けていました)可能な筋トレについて、
 前回挙げた方法は主に足腰周りのものですが、手や腕を使う方法もあります。
 手を使う方法は、作業を止めてしまうことになるので、基本的には一時的なリフレッシュ代わりとして使うことになります。
 ただし片手の場合は、もう片方の手が空くので、それで作業上問題なければその姿勢をキープすることもできるでしょう。
 いずれにしても足腰系のよりはサイドメニュー的なものになるので、簡単な紹介に留めます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食後の眠気対策から始まる健康対策?[3.オフィスで筋トレ1] [健康・生活・食事]

←前回

 昼食に大量摂取した糖分糖質を消費させるために、頭だけではなく運動or筋トレを投入する。
 というアイデアの種を前回お話しました。

 でも自分は本質的には面倒くさがり屋でズボラな人間です。
 自由時間である昼食後の昼休みなどに、わざわざ運動に精を出したり、といった事は基本考えません。
 そもそも普段からやっている創作等含め、やれることはいくらでもあるので自由時間はそちらに集中したい。

 ならば運動or筋トレはいつするか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食後の眠気対策から始まる健康対策?[2.脳以外で糖が使われる場所] [健康・生活・食事]

←前回

 糖・糖質が、脳だけではなく 筋肉 に対して重要な役割を担っていると知ったのはほんの1年か2年前位前のことでした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食後の眠気対策から始まる健康対策?[1.原因] [健康・生活・食事]

 これからどんどん更新したいといいつつ1,2ヶ月単位時間を開けてしまう相変わらずの自分です。
 ですが、ちょっと連載を試みてみたいテーマを見つけましたので、ここに書いてみることにします。

 食後の大体1時間後ぐらい。どうしても眠くなる。睡魔と格闘してしまう。
 学校とか、職場とか、今現在悩んでいる人は多いはず。
 自分もそうでした。
 意識を保たなければと思っても、物凄い勢いで意識が堕ちていく。
 首がガックンガックンのまま約数十分から一時間の間、まったく集中ができなくなる。
 これさえなければ仕事もプライベートも色々と捗るのに。
 家であれば横になってしまえばまあ解決しますが学校や職場ではそうもいきませんよね。
 しかも友人同僚上司etc・・・の目もある中で。

 これに対して、これまで色々な対策を考えつき、試してきました。
 でも一旦よし上手く行ったと思っても、1週間後ぐらいにはすぐに全然うまくいかなくなる。
 人間の体というのはこうも一筋縄ではいかないものなのかと。

 その中で最近取り組み初めて、少なくとも今現在はうまくいっている対策があります。
 この方法もいつか効かなくなるかも知れません。
 だとしても、これまでの自分の習慣と比べれば、多分だいぶマシであることは確かです。
 それから眠気対策というテーマに対する直接的な思いつきというよりは、
 健康対策という関連はするけどちょっと別のテーマから辿り着いたことです。

 というテーマを連載してみようかと思います。
 がその前に、それに至った経緯というか考え方を書いてみようかなと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

文章テーマの細分化について(2/2) [文章を書くということ]

←前回

 これまでの自分の文章発信というのは、一度に全部出しきろうとするスタイルでした。

 テーマ自体は一本に絞っているつもりですし、ものによってはその結論がごくシンプルなところに行き着いていたりするわけです。
 さらに語りたいテーマというのも、結構何十項目もあったりするものなんです。その中から一つだけ選んで書いているのだから、自分の中にストックされている情報の全体からすれば、極めて小さな単位に過ぎないわけです。

 ・・・のはずなのに、このシンプルなテーマ1つを語り尽くすのに、結果的に恐ろしい分量の文章を書くハメになってしまう。

 そのシンプルさをきちんと説明しようと思うと、意外とその事前知識だったり、前段階の思考だったりをえらい遠回りして説明する必要があったり、あるいは思考や試行の過程で辿ってきたアレやコレやに話が飛んでいったりするもので。
 とにかく芋づる式に枝葉枝葉がどんどんくっついてきて、最終的に手が付けられないモンスターになってしまう。こうやって最終的な文章量の見積もりを勘違いしてしまうわけですね。

 まさかこんなどでかい怪物になるなんて思ってなかったんだ、というばかりにね。

 書き手は目の前で膨れ上がった巨大な文章を眺めて呆然とする。これを果たしてどういう順序でまとめてどう収束させれば良いんだと。あるいは何か書き漏らしてることは無いだろうかと。

 そんなことを性懲りもなくそんなことを幾度も繰り返してきたのでした。
 こうして書き手が苦労するだけならまだ良いのだけれど、しかもそれと同じくらい苦労してしまうのが読み手だったりする。

 人にもよりますが、少なくとも僕にとって、長い文章は読むのに気合が要ります。
 僕は正直、読書が苦手なタイプです。例えば本を読み続けているとだんだん内容が頭に入らなくなってきて、最終的には目眩がしてきてしまうタイプ。

 そんな自分が、にもかかわらずつい巨大な文書を書いてしまう。
 うん、なんという矛盾した話。見る人の気持ちにもなってみてよ、という話ですよね。
 けれども前述したとおり、当初はそこまでの文章量になるとは思ってなかったわけで。書いてからあたふたしてしまうという言い訳の好例ですね。

 一方読書と比べると、ネットの小記事などは遥かに気軽に読めたりしてしまうもので。
 結局、文章量の差の問題なんだな、と思うわけです。
 数百ページもある本というのは「これを読みきらないといけないのか・・・」という威圧感が凄まじいけど、文章量が少なければ、それだけ読み手も心の準備をする必要がなく、気軽に消化できてしまう安心感がある。
 おまけにその文章に、明確な次回への導線があれば、次の文章が楽しみにすらなりますからね。

 前回メルマガを受信している旨の話をしましたが、このメルマガ、結構未読のまま溜まっちゃっていたりして、通勤時間にまとめて読んだりして少しずつ消化したりといったことをやっています。
 ただ、この溜まった分を読み進める作業が、案外ポンポン進むことに気がついて、その理由を考えてみたら、一つ一つのメルマガの文章量が単純に少ないから、ということに気がついた。
 一つのテーマを一気に吐き出そうとしてゲホゲホするのではなく、十本以上かけて連載していくことで、書き手にとっても読み手にとっても無理のないサイズまで、情報が細分化されていることに気がついた。

 なるほど、これは真似する価値があるな、と思った。
 以上、そんな経緯による、1つの気づきについての記事でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -