So-net無料ブログ作成
検索選択

楽しいなコレ [MUGEN]

目押しコンボがどんどん見つかる。フリーダムな強さが期待できそうだ。

AI更新が滞ってしまってる中 [MUGEN]

コジョンドさんが大会に出場したようです。
自分はあれから更新分のAIを出していないので、
目押しコンボ未実装のAIになります。



現在のAIですが、あれから色んな目押しコンボ発見したんですよ。
ホントはそれを見せてやりたかったんですけどね。
目押しコンボ実装でより強くなった・・・筈が、
以前一旦は有利を取れていた相手にボロボロやられるようになり、
しかも調整すればするほどやられる確率は上がる一方だったりして、
製作してるこっちが精神的に滅入ってしまったのが停滞の主な理由です。
以前もこういうことは何度もあっても頑張って来れたんですが、
今回は10-50とか目も当てられない結果とか出て立ち直れなくなった。
相性の問題だったってことは分かってたんですけどね・・・
こっちが攻撃、コンボ面を強くすればするほど、システムが優れているキャラにはまんまとやられてしまう。
ブロッキングとかアーマーとかホントどうしようも無いです。
というかあるキャラ調べたら発生2Fのコンボ始動技とかあるじゃないですか。
んなの超反応で出されたら勝てるわけ無いじゃないの。もはやチートですよ。
結局こっちは耐久戦術で凌ぐしか無いということになるんでしょうかね。
今はコジョンドさんの絵を描く事が楽しいです(

ただ今回、こうして動画で取り上げてくれた人が居たことはとても嬉しいです。
本体作者も7月中旬に向けて次のバージョンを製作中ですし、
こちらもまた立ち上がってAIの調整に入るべきかも知れません。
ただ、今はちょっと別の製作で忙しいので、それが終わってからになりますが。

目押しコンボ [MUGEN]

どんどん見つかってきました。
通常技だけだとかなり厳しいですが、
必殺技まで絡めるとかなり可能性が見えてきました。
AI製作始めた当初は億劫だった目押しコンボ探しも、
探し始めてみるとかなり楽しいものですね。
安定して使わせるのが難しい必殺技が多くそこが悩みだったので、
今回の目押し探索で、このための必殺技だったんだなと思うことも多々。
これまで不安定だった攻め込み面が強化され、
オコジョとしての『獰猛さ』がより備わってきました。

ただ相手が立ち状態で繫げられる目押しコンボは殆ど無く、
相手を空中に飛ばしてお手玉するようなモノが主になります。
空中に打ち上げた場合はかなり条件を厳しく設定してやらないと全然当たらないことが多いので、
その辺りの条件を煮詰めている所です。
n択の選択肢が取れるならn択を取れるように。
あと空中に打ち上げてる性質上、相手のリカバリで切り返される可能性も考慮に入れないといけない。
それでも入れていきますけどね。だって攻めさせたいから。

ただあれですよね、AIレベルが低いほど当たらない繋ぎ狙い動作もさせるようにするとかいう考え方もありますよね。難しそうだけど、そのうちやってみようかな。今の所はパス。こんがらがりそう。

どうにかこうにか [MUGEN]

AI更新が出せる目処が見えてきた。記述ミスとかもかなり見つかった。

より攻撃的なスタイルを目標として次を行った

・様子見処理をしていた技を一つ様子見処理から外した。
・幾つかの非無敵技を超反応兼用にした。
・起き上がり/着地/ガードその他直後にぶっぱする切り返し技を増やした。

もちろん極力隙少なめか発生の速い技限定
これによって喰らうリスクは増したものの、
前回AIが苦手だった投げ主体キャラ等に対して効果を発揮。

そして地上の目押しコンボの方も研究中。

とにかくキャンセルが殆ど空中技か超必殺ぐらいしかないコジョンドは、
コンボのバリエーションを増やそうと思ったら目押しコンボを増やすぐらいしか選択肢が無い。
色んな技をテストしていたら目押しで繋がりそうな技が幾つか見えてきた。
これをAIに入れ込ませるのが大変なんだけど。
追加変数もヘルパー変数も使わずに目押しを実現する方法も模索中。
デフォルトの本体変数55があるからできることなんだけど。

あと自分で作った改変版が強すぎる。
特にデフォルトコジョvs改変コジョで連戦させると絶望的な事になってる。
両者はアニメや速度や技といった性能を変えてるだけで、
今の所AI記述は同ファイルで何ら変えてないはずなんだけど、
あっちの攻めの方が遥かに上手く見えてしまうのは何故だろうか。
この状況を見てると少々の性能差なんて吹き飛ばすようなAI作りたいなんて思ってしまうけど、
多分難しいんだろうなぁ。
ルカリオのAI羨ましいよ。だってどんな相手にも善戦するんだもん。

久々にAI製作 [MUGEN]

より攻撃的なスタイルを重視したいと思います。
防御重視は強いけど、ひたすら防御で固まってるのもちょっとなぁという感じ。
やっぱり攻めコジョでしょ。というか、
今の所超必便りな感じがあるので、もうちょっと通常技を活躍させたい。
ということで以前から考えていた一部記述の削りを実行。

結果、一部のキャラとの相性は良くなりましたが、他の多数のキャラとの相性が悪化。だよねだよねー。
多分今のAIは前回のAIと戦わせたら負けると思う。でも見た目は今の方が好きなんだけど。
はーkoikoiさんみたいに攻めも防御も鉄壁なAIってどう作んだ・・・
やっぱり攻撃と防御をちゃんと二面的にこなさせるなら、大幅な工事がもう一回要るよなぁ。
あと周りの強AI達がガンガン搭載している、超反応弱P弱Kの類。アレを搭載する勇気がまだ出ない。
例えば弱P出し合ったときに、こっちの攻撃が当たる前に相手の攻撃が当たってしまいそうで。
今の所は良くても相手の攻撃判定出現以降かな。

あとコモンステートの制御の要領で、リカバリーにも制限かけてみた。
例えば投げられた時とか、勝手にリカバリーして狩られる事がありますもん。
制御を実装した後、kfmとの戦闘では上手くいったと思ったけれど、
まだコジョ同士戦わせたときに不具合が起こる。。。
もうちょっと研究が必要かなぁ。

ループバグは直した気でいるだけでまた別の形で起こるかも知れない。
ゼロ除算は・・・今の所保留。エラメなんて無視すれば良いんだ

最近はAI製作から離れていましたが、何していたかというと、
ちょっと一味変わったkfm改変キャラを作ってたり(そのうち動画で紹介予定)、
コジョンドさんを改変したりしていました。
コジョさん改変版は自分の解釈を元に、全体的に性能をだいぶ引き上げているけど、
出すかどうかは悩みどころ。作者の眼鏡さんは改変おkだよーとは言ってるけど・・・
まあ魔改造という程のものでは有りませんけどね。AIもほぼ同じものが使えるぐらいのモノなので。
ただやっぱり性能を上げると、それだけで前のコジョさんは勝てなくなってしまう。良くてダブルスコアぐらい。
こうしてみるとやっぱりキャラ性能ってセンシティブな問題なんですね。

なんでこう [全般]

どこにいってもそこで何かやっても、
どこからも反応無いんだろうね。

いや、ほんのちょっとだけは反応あるんだけどね。ちょっとだけ。
その一滴のようなわずかな反応があれば、少しは救われる。少しだけ。

ただ、いかんせん周りが眩しすぎて。。自分の小さな炎はすぐに掻き消えてしまいそうだ。

見てるこっちが精神削られた [MUGEN]

コジョンドAILv10 50-47 ルカリオ 厨忍氏AI

後半のルカリオがやばすぎた・・・なんだアレ
途中10差近くで勝ち越していたとこから0差(45-45、47-47)まで持っていかれた。
なんとか最後3連勝で制したコジョさん、見事なせいしんりょくだったよ。

もしこのまま100まで続けたら多分75-100まで持っていかれるんじゃないかというレベル。
たぶん向こうの学習機能が温まってきたからと思われるが、あのAIの潜在能力はほんと半端じゃない。

続きを読む


まだ出るのか・・・ [MUGEN]

前のファイルをアップロードする前に潰しておいたと思っていた2500ループエラー。どうやらまだ取り除かれていなかったようです・・・
発生頻度はかなり低めだが、出る可能性があるのは事実なので頭を抱えてる。

うわーどうしよ。コモン動作制限関係だとは思うがそれ以上の原因が分からぬ・・・

コジョンドAI更新 [MUGEN]

http://www.geocities.jp/aetonal/files/Mienshao-AI130417.zip
とりあえず現時点での最新ファイルになります。試行錯誤に試行錯誤を積み重ねました。
先日から呟いていた新システムの名は『様子見システム』です。
これにより、戦術的なレベルから大きく変わりました。
このシステムはあらゆるAI戦で効果を発揮し、コジョンドAIを非常に強力にしましたが、
反面、以前のような積極性を多少失った感もなくはありません。
また、守備型になった事でむしろ相性の悪くなった相手もいる事ですし、
今後は現在の守備性を維持しつつ、いかに攻撃の機会を増やすかが問題になりそうです。

あと『おまけその2』入れました。かな~り問題作なので使用に当たっては注意して下さい。

新システムは [MUGEN]

強いんだけど、おかげで攻撃しない相手にはあまり積極的でなくなった部分もあって、
見栄えとしては多少削がれてた部分もある。
だからシステム適応は一部の技にしといて、残りの技はライフによって変動する様にした。

その結果だいぶ弱体化して、また勝てなくなってきたけど、
バランス取りの為にはある程度止むを得ない。
これでも前よりはだいぶ強いし。
大体牽制用の弱手や足払にすら反応して潰してくる相手のAIが(ry

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。